介護医療体制|フローレンスケア港南台【横浜市港南区】

フローレンスケア港南台

介護医療体制

介護体制

思いやりの心と確かな介護技術を_

思いやりの心と確かな介護技術を_

思いやりの心と確かな介護技術を_

フローレンスケアでは、ご入居者とスタッフの間に家族のようなつながりを持ち、ご入居者の気持ちを感じながら、一つひとつご入居者が心地よく感じていただけることを作りあげていきたいと考えています。

心地よさは人ぞれぞれ違うものです。また、その時々でご入居者のニーズも変わるものです。
ご入居者の気持ちに細やかに答えるために、フローレンスケアでは、基準以上の人員や質の高いスタッフを配置することにより、手厚い介護体制を整えています。またフロアごとのユニットに分けてご入居者一人ひとりに担当を設ける「ユニットケア方式の居室担当制」を採用し、ご入居者にもご家族にも安心いただける介護を行っております。

ご入居者一人ひとりの「自分の思い」をカタチにするお手伝いをしてまいります。

きめ細やかな介護を実現する
人員体制

フローレンスケア港南台では介護保険給付基準を上回るご入居者2.5名に対して常勤換算1名以上のスタッフ体制(週40時間換算)※をとり、ご入居者一人ひとりとの関わりを大切にきめ細やかなサービスの提供につとめています。
ケアスタッフは24時間365日常駐。看護師も日中は常駐しています。

※届出人数。全ホーム実質平均ではご入居者1.9人:1名以上の職員を配置しております。(2018年平均)

信頼関係を深める
ユニットケア方式の居室担当制

ご入居者のご要望や身体状況に応じて適度な社会生活を維持できるように、フローレンスケアではフロアごとのユニットに分かれた少人数制のケアを取り入れています。
フロアごとにスタッフを配置することはもちろん、各居室に担当のケアスタッフを配置しております。いつも決まったスタッフがお世話にあたり、ご入居者にもご家族にも安心いただける体制をとっております。

詳細はこちら

生活すべてが訓練になる
リハビリテーション

生活すべてが訓練になるリハビリテーション

フローレンスケアの介護付きホームでは、ご入居者一人ひとりの生活の質の向上を目指し、「生活リハビリ」を提供いたします。「生活すべてが、リハビリに。」をテーマに、看護師、機能訓練士、ケアスタッフ、ケアマネジャーがチームとして取り組んでいきます。

「生活リハビリ」では、訓練中に「できること」を普段の生活でも同じようにできるように、また「してること」が増えるようにお手伝いします。
朝起きて、顔を洗って、トイレに行って、食事をして、おしゃべりをして、笑って、泣いて、体操して、新聞を読んで、歯磨きして、お風呂に入って・・・そういった全てがリハビリテーションです。「生活リハビリ」は、毎日の生活を楽しくその人らしく生きるためのご提案です。

また、単に身体機能を向上させるだけでなく、日常生活の具体的な課題をリハビリテーションの目的にすることにより、本人の「意欲」を引きだす工夫をしています。繰り返し「生活リハビリ」を行うことで、自信と充実感が生まれ、新しい「挑戦」や「意欲」につながるリハビリテーションを目指しています。

詳細はこちら

常勤の機能訓練指導員

常勤の機能訓練指導員

フローレンスケア港南台では、リハビリテーションに積極的に取り組み、常勤の機能訓練指導員(※)を配置しています。毎日の生活を共にする中で、ご入居者の身体状況を細やかにチェックし、リハビリテーション実施計画書に適切に反映していきます。
ご入居者の能力を最大限に活かして生活の質を高めたり、健康維持のための工夫や提案を行っております。

※看護師1名

医療体制

医療体制

私たちは、毎日の健康管理はもちろん、緊急時の対応や病気の早期発見に努めています。

いつまでも自分らしくお過ごしいただくために、医療と看護の専門家が連携し、ご入居者を見守ります。

月2回の定期訪問診療・往診

協力医療機関の医師が往診に参ります。ご入居者は月に2回定期的に往診を受けられます。
病院での受診や入院が必要になった際は病院までスタッフが付き添います。退院後も再入居していただけますので、ホーム探しの心配はいりません。
※症状によって対応できない場合もございます。

看護師による
24時間オンコール体制

フローレンスケア港南台では日中、看護師が常勤しております。
夜間は看護師が電話で対応する(24時間オンコール体制)を整えており、医療機関とも24時間体制で連携しております。
私たちは、毎日の健康管理はもちろん、緊急時の対応や病気の早期発見に努めるだけでなく、
いつまでも自分らしくお過ごしいただくために、医療と看護の専門家が連携して、ご入居者を見守ります。

終末期ケア

最後のときまで、心安らかに穏やかにお過ごしいただけるよう、日々一刻を大切に見守ります。
ご入居者やご家族、医師と連携を取りながら見取り看護の指針に基づき、緊急時の対応、心のケアに力を入れています。

病院での受診や入院が必要になった際は病院までスタッフが付き添います。退院後も再入居していただけますので、ホーム探しの心配はいりません。
※症状によって対応できない場合もございます。

協力医療機関

医療機関 診療科目 協力内容
医療法人一英会
大倉クリニック
内科・外科・整形外科

入居者の医療相談、月2回の訪問診療、
緊急時に対応する医療行為、入院手配ほか

港南歯科クリニック 歯科 口腔衛生・指導・訪問診療・治療・
緊急時の受入れ、他の機関への紹介など
医療法人一英会 大倉クリニック

診療科目:内科・外科・整形外科

入居者の医療相談、月2回の訪問診療、緊急時に対応する医療行為、入院手配ほか

港南歯科クリニック

診療科目:歯科

口腔衛生・指導・訪問診療・治療・緊急時の受入れ、他の機関への紹介など