ふれあい生活型ホーム|横浜市緑区介護付き有料老人ホーム

<ふれあい生活型ホーム>
フローレンスケア横浜森の台

フローレンスケア横浜森の台は、横浜市住宅供給公社のプロジェクトの
一環として造られた複合施設になります。
地域との架け橋となるよう、屋上には隣接する小学校の生徒が書いてくれた
絵を基に屋上緑化自然ガーデン(ビオトープ)を造りました。
緑あふれる自然に囲まれ、地域の方が集まり、
これまでの生活と変わらぬ安心と安全な暮らしをご提供できるよう努めてまいります。

フローレンスケア横浜森の台の特徴

フローレンスケア横浜森の台
の特徴

ふれあい生活型ホーム

ふれあい生活型ホーム

近隣小学校の生徒訪問や、中学生の職場体験受け入れや、近隣住民との交流会なども積極的に行っており、一年を通じて地域社会に密着した運営をしております。
地域とのふれあい、レクリエーションなど、コミュニケーションを重視する方にお勧めのホームです。

安心なユニットケア方式の居室担当制

安心なユニットケア方式の
居室担当制

各フロアはご入居者の状態に合わせて構成いたしました。
ご入居者に対しては、スタッフが担当制をとり、一人ひとりに合ったケアをご提供いたします。

機能訓練指導員による個別リハビリテーション実施

機能訓練指導員による
個別リハビリテーション実施

常勤の機能訓練指導員が個別のリハビリテーション実施計画書を作成いたします。
個別リハビリテーションの他、スタッフが毎日の「生活リハビリ」をサポートすることにより、ご入居者の機能の維持・回復・向上に努めます。

四季を感じられる屋上緑化施設(ビオトープ)

四季を感じられる
屋上緑化施設(ビオトープ)

隣接する小学校の生徒が書いてくれた絵を基に、屋上に緑化自然ガーデン(ビオトープ)をつくりました。池にはメダカが泳ぎ、四季折々の草花が庭園を飾ります。ご自由に外出できない方も太陽の光を浴びて、心も身体もリフレッシュしていただけます。

フローレンスケア横浜森の台 施設概要

住所 〒226-0029 
神奈川県横浜市緑区森の台12-12
電話 0120-050-910(フローレンスケア入居相談室)
運営 事業主体:工藤建設株式会社
構造 RC造3階建て
建物所有形態 賃借
定員 64室64名(全室個室)
居室面積 18.00m²~19.90m²
敷地面積/延床面積 2,553.52m²/2,738.15m²
共用設備 食堂・浴室(一般浴槽・特殊浴槽)・トイレ・洗面設備・健康管理室・談話室・応接室・面談室・洗濯室・エレベーター
権利形態 利用権方式
利用料の支払方式 選択方式
入居条件 概ね65歳以上で要支援以上の方
介護にかかわる職員体制 入居者2.5人に対して介護職員1人(週40時間換算)
入居一時金(前払金) 0万円~1,270万円(返還金制度あり)
月額利用料 156,600円~316,600円(管理費・食費・家賃相当額)、別途介護保険自己負担割合額
※オムツ代・医療費・理美容代等は別途実費となります
体験入居 1泊10,800円(原則最長7泊8日)
介護保険事業所番号 1473301461
  • 重要事項説明書
  • 診療情報提供書

スタッフ紹介

  • 笠井 令江

    フローレンスケア
    横浜森の台
    ホーム長 笠井 令江

    心地よさは、ひとりひとり違うものですが、ひとりでも多くのご入居者が、心地良いと感じる生活ができるよう、思いやりの心を大切にしています。また、かかわるすべての人とたくさんのコミュニケーションがとれるよう、明るく笑顔で接する事を心掛けています。

  • 高橋 のぞみ

    フローレンスケア
    横浜森の台
    介護主任 高橋 のぞみ

    ご入居者一人ひとりの生活スタイルに近づけられるように、個別ケアの充実に心がけています。ご自分の家と思っていただけるような温かく活気のある環境を全職員で協力して提供させていただきます。